ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

ウオーキングでホルモンバランスを整える!生活習慣病予防のカギはホルモン

ウオーキングでホルモンバランスを整えるって知りたくありませんか?

この記事では、ウオーキングでホルモンバランスを整えるについて解説しています。

ウオーキングでの生活習慣病予防のカギはホルモンについて紹介します。

この記事の内容は次の通りです。

・ホルモンの不足が生活習慣病を招く

・いいことずくめのウオーキング

・ウオーキングでホルモンバランスを整える

・まとめ

糖尿病と関係が深いインスリンなど人間には100種類以上のホルモンがあると確認させています。

ホルモンバランスが崩れると、生活習慣病を発症しやすくなります。

ホルモンバランスを整える方法で最も手軽なのはウオーキングです。

ホルモンの不足が生活習慣病を招く

ホルモンとは体内の器官で作られ、体のさまざまな生命活動をスムースに働くように調整するための物質です。

体内には100種類以上のホルモンがあると言われています。

生活習慣病の発症にもホルモンは深くかかわっています。

例えば、腎臓から分泌されるホルモンは、血圧をコントロールする役割があるため、分泌が不足すれば高血圧になります。

また、女性が男性に比べて生活習慣病になりにくいのは、女性ホルモンの恩恵を受けているかです。

女性ホルモンにはLDL(悪玉)コレステロールの増加を抑えたり、内臓に脂肪をつきにくくする働きがあります。

しかし、閉経後は女性ホルモンが減少するため、動脈硬化や生活習慣病のリスクが高まります。

いいことずくめのウオーキング

生活習慣病の予防には、ホルモンバランスを整えることが大切です。

その最も良い方法はウオーキングなのです。

ウオーキングは血流がよくなり、セロトニンやDHEAなどの体に良いホルモンを増やします。

一方で、コルチゾールなど、増えすぎると体に悪いホルモンを減少させます。

血糖値を下げることで知られているインスリンは、肥満ホルモンでもあることから増えすぎには注意が必要です。

しかし、ウオーキングをすれば糖分の分解が早まりインスリンの働きが抑えられます。

内臓脂肪が減少するし、脂肪細胞から善玉ホルモンであるアディポネクチンの分泌が増えるなど、生活習慣病の予防という点でウオーキングはよいことずくめです。

また、ホルモンバランスが保たれていると、それが顔の表情にも表れて満たされた顔つきになります。

そうすれば自然と人が集まり幸せを呼び込むことができます。

生活習慣病の予防をしながら幸せや社会的な信頼を手に入れましょう。

ウオーキングでホルモンバランスを整える

運動というと、筋トレしたりランニングしたりといったハードなものをイメージしがちです。

今まで運動不足だった人が急にランニングとかを始めると、膝にかかる負担が大きいです。

そんなに激しい運動をしなくても、ウォーキングの習慣を作るだけで十分に健康になることができます。

ウォーキングによって体にいいホルモンを増やすことができます。一方で、悪いホルモンを減らすことができるので、ホルモンバランスを上手く整えることができます。

しかも、1つ1つのホルモンにメリットがあるので、相乗効果によって健康になることができます。コレってスゴイと思いませんか?

「最近何か調子が悪いな・・・」という人ほど歩くのはオススメです。

私も就活で全然仕事先が決まらなくて気分が沈みがちだった時に、毎日近所の散歩をしていました。

普段はインドア派で家にこもってばかりだったのですけども、外に出て歩いてみたい気持ちになったんですね。

近所を歩いていると、「こんな場所があったなんて!」と思えるような感動があり、ささやかな喜びを味わったものです。

他にも自然豊かな田舎の散歩道を歩いたりと、車や電車に乗っているだけでは決して見ることができない風景に出会うことができました。

このように歩くことによって、再び前に進み出すための元気を取り戻す大きな助けになったと思います。

一歩一歩気を楽にしていきましょう

まとめ

ウォーキングで改善できるホルモンについてまとめてみます。

・「若返りホルモン」のDHEAを増やす

・体を丈夫にし、やる気を出すテストステロンを増やす

・質の良い睡眠に必要なメラトニンを増やす

・幸福度を高めるセロトニンを増やす

・「ストレスホルモン」のコルチゾールを減らす

・脂肪をたくわえるインスリンを減らす

運動というと、筋トレしたりランニングしたりといったハードなものをイメージしがちです。

今まで運動不足だった人が急にランニングとかを始めると、膝にかかる負担が大きいです。

そんなに激しい運動をしなくても、ウォーキングの習慣を作るだけで十分に健康になることができます。

ウォーキングによって体にいいホルモンを増やすことができます。一方で、悪いホルモンを減らすことができるので、ホルモンバランスを上手く整えることができます。

しかも、1つ1つのホルモンにメリットがあるので、相乗効果によって健康になることができます。コレってスゴイと思いませんか?

「最近何か調子が悪いな・・・」という人ほど歩くのはオススメです。

私も就活で全然仕事先が決まらなくて気分が沈みがちだった時に、毎日近所の散歩をしていました。

普段はインドア派で家にこもってばかりだったのですけども、外に出て歩いてみたい気持ちになったんですね。

近所を歩いていると、「こんな場所があったなんて!」と思えるような感動があり、ささやかな喜びを味わったものです。

他にも自然豊かな田舎の散歩道を歩いたりと、車や電車に乗っているだけでは決して見ることができない風景に出会うことができました。

このように歩くことによって、再び前に進み出すための元気を取り戻す大きな助けになったと思います。

一歩一歩気を楽にしていきましょう。