ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

よく歩く人の特徴とは!なぜ歩くと、「うまくいく」のか?


よく歩く人の特徴について知りたくありませんか?

この記事では、よく歩く人の特徴について解説しています。

よく歩く人の特徴としてなぜ歩くと、「うまくいく」のかを紹介します。

この記事の内容は次の通りです。

  • よく歩く人の特徴とは!なぜ歩くと、「うまくいく」のか?
  • よく歩く人の特徴の女子はモテる!「歩く女子」と「歩かない女子」に出た思わぬ差

今回は、ぼくが生活の中に取り入れている「1日1時間歩く」という習慣から得たことをお話しします。

この習慣は、わりと最近はじめたのですが、とても脳に良いと感じています。

歩くことが、これほど「頭を良くすること」に効果的だとは、ちょっと思ってもみませんでした。

たくさん歩くメリットと、歩くことでなぜ脳が活性化するのかのメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

よく歩く人の特徴とは!なぜ歩くと、「うまくいく」のか?


頭のキレが良くなる

頭の中で、複雑な物事をスルスルと処理できるようになりました。

思考力が付いて、我慢強く粘り強くなった気がします。

実際、「リズミカルな有酸素運動は、脳の前頭前野(=思考や理性をつかさどる部位)の機能を高める」という報告が数多くされています。

毎日1時間歩くようにしてからというものの、じわじわと「頭の地力」みたいなものがついてきた感じがあります。

「歩く」というのは、「前頭前野を物理的に鍛える」方法といえるのかもしれません。

また次の節で見るように、昔から多くの人が「考えることと歩くことは相性がいい」と感じてきたようです。

偉人には、「散歩」の習慣があった人が多い

・古代ギリシャの哲学者の一派に「ストア派」という学派がありました。

まあ簡単に言うと、めちゃくちゃ頭の良い人の集団です。

ストア派という名の由来は、かれらが「壁画で飾られた柱廊(ストア)を歩きながら議論した」ことからきています。現代風に言うなら、「ウォーキングしながらディスカッションした」というところでしょうか。

・「Appleの故スティーブ・ジョブズは何か重要な話をする時や考えをまとめる際にはとにかく公園や道路など、あちこちをよく散歩していた」ことが知られています。

・小学校に銅像が飾られている二宮金次郎も歩きまくってたそうです。実際彼は歩きながら読書していた(というより、せざるをえなかった)とのこと。

・ドイツの偉大な哲学者カントも毎日規則正しく生活し、散歩の習慣があったことが知られています。

・また、こんな報告もされています。

人間は歩くと心臓の鼓動が速くなり、座っている時よりも多くの血が体内を循環することになるので、血中の酸素が筋肉だけでなく体中のあらゆる器官に行き渡るようになり、脳にも酸素がたくさん供給されるようになります。この結果、運動中や運動後に記憶や注意力に関するテストを行うと、座っている際よりもパフォーマンスが向上することが分かっているのですが、これはとても軽い運動でも十分に効果を発揮するそうです。

また、定期的な運動は脳細胞間の新しい連結を増やすことにつながり、脳組織が年齢と共に退化していくことを防ぐことにもつながります。さらに、海馬の量を増やしたり、新しいニューロンの成長を刺激したり、ニューロン間での信号のやり取りを行うレベルを上げてくれたりもするそうで、運動が脳に与える影響がいかに大きいかもよく分かります。

そもそも人間は運動するようにできている

進化心理学には「サバンナ仮説」という考え方があります。

人間という種は、100万年前~1万年前あたりまでアフリカのサバンナで進化し自然淘汰を受けてきました。

ヒトが都市に住むようになったのは、たかだかここ100年近くのことです。

したがって、人間の機能は

「現代の都市ではなく、アフリカのサバンナに適応するようにできている」

と考えるのが自然ですね。

この考え方を、サバンナ仮説といいます。ミスマッチ仮説とも、進化遺産仮説とも呼ばれます。

このサバンナ仮説からすると、人間の運動機能というものは、ほんらい「サバンナで活発に動き回る」ことを想定してできているといえます。

人間は、めちゃくちゃ動き回る生活を太古の昔から続けてきた。

おそらく昔の人間は、1日に5キロとか10キロとかの距離を、獲物や果実を探して歩き回っていたでしょう。

では、現代都市に住む人の運動量はどうでしょうか?

大自然の中で活発に動き回っていた時代に比べると、まさに雲泥の差です。

現代人は、運動不足で当たり前といえます。

だから、意識して運動しないかぎり、本来人間にとってベストであるはずの運動量は確保できません。

日常に「歩く」を取り入れよう

健康にもよく、脳にも良いのですから、なんとかしてウォーキングを日常生活の一部にしたいものです。まったく歩かない寝たきりの生活というのは、脳にとっても体にとっても「最悪」なのです。

運動系の機能を使うのが思考系の活性化のためにも有効なのは、次のように考えてみても分かりやすいかも知れません。

足や手や口を動かす運動系の機能は、脳の表面中央付近に分布しています。その脳領域を十分に働かせるということは、そこに至る脳の血流を良くすることとイコールです。

特に足を動かすための機能は、頭頂部に近いところにある脳領域が担っているので、よく歩いているうちに、血液が脳の高いところまで汲み上げられます。歩くというのは、足を中心とする全身運動ですから、脳全体に血液が巡りやすくなる。散歩をした後に脳が働きやすいのは、そういう理屈からも説明することができます。

散歩をすると、物理的に「頭のてっぺんに血液が集まる」わけです。

で、そのおすそ分けをもらうかたちで他の部分にも血流が回る・・・という話ですね。

よく歩く人の特徴の女子はモテる!「歩く女子」と「歩かない女子」に出た思わぬ差


「汗をかくから」「日焼けも気になる」「すぐ疲れちゃう」。

そんな言い訳をつけて、ちょっとの距離でも電車やタクシーをすぐ使ったり、外に出ることを億劫がって家に閉じこもっていたりしませんか?  もしも、そんなぐうたら女子だったら、幸せがやってこないかも……。

「歩くこと」と「幸福度」の不思議な関係をご紹介します。

歩かない女性は、モテも幸せもイマイチ

 ヘルスケア企業「FiNC」が、20~49歳の女性1,178名に行った「ウォーキングに関する調査」で、「あなたは普段意識的に歩いていますか?」と聞いて、「歩いている」と回答したグループと、「歩いていない」と回答したグループに別けて、各250名ずつ抽出。

体のコンディションや美容、モテ度合いなどさまざまなことを質問し調査したところ、“歩く派”の女性の方が”歩かない派”の女性よりも、すべての項目において優位な結果になったんです。

たとえば、自分が「ポジティブである」と答えた人の割合は、歩かない女性は29.2%なのに、歩く女性は48.8%。「異性にモテる」や「美人だと思う」、「友人が多い」といった項目も、すべて歩く女性の方が、そうでない女性より上回り、「幸せだと思う」と回答した人についても、歩く女性の方が多い結果になりました。歩くことで得られる爽快感やストレス発散効果が、気持ちを前向きにして、幸せも呼び込んでいるのかもしれません。

自己申告ですから、実際に歩いてる歩数が多いか、本当にモテているかはわかりません。ですが、歩こうと「意識」してる女性は、「自分はモテると思っている」という、ポジティブ自意識につながるようです。

歩くと「見た目年齢」が若くなる!?

 さらに、1,178名に事前調査で「あなたは普段、意識的に歩いていますか?」と質問し、「意識的に歩いている/やや意識的に歩いている」、「あまり意識的に歩いていない/意識的に歩いていない」と回答した807名を年齢(20代、30代、40代)、職業(OL、主婦)別に分け比較。


OLの回答/株式会社FiNCのウォーキングに関する調査より


主婦の回答/株式会社FiNCのウォーキングに関する調査より

 すると、自分の見た目年齢について歩かない女性よりも、歩く派の女性の方が「実年齢より下」と回答した人の割合が多いことが判明しました。

歩く派の女性は年齢に対してもポジティブな自己認識を持つことができるようです。  特に40代になるとその差が大きくなる模様。

普段から歩く習慣があると、それだけで老けにくく、体もメンタルも若々しくいられるのかもしれません。

21.4%が歩くことで「痩せた」と回答

 しかも、さきほどの調査で普段から歩いている派の女性に、歩くことで起きたよかったことについて質問すると、最も多かった答えが「ポジティブになれた」(29.3%)というものでした。次いで、21.4%の女性が「痩せた」や「体が引き締まった」などとダイエット効果について回答しています。


まずはひと駅分歩くところから始めてみては?

 ウォーキングは、息を切らして苦しい思いをするようなスポーツとは違って、幅広い年齢の人ができる運動です。

血行が良くなり、冷え性解消や新陳代謝のアップ、美肌効果なども期待できて、女性にとっていいことづくし。

おまけにポジティブな気持ちになれて、老けにくく、しかも幸せ感も増すといったら、これはやらない手はないかもしれませんね。