ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

ウオーキングに趣味を兼ねる、仲間と一緒に楽しく続けられるポイントを工夫しよう!

ウオーキングに趣味を兼ねる、仲間と一緒に楽しく続けられるポイントについて知りたくありませんか?

この記事では、ウオーキングに趣味を兼ねる、仲間と一緒に楽しく続けられるポイントと工夫について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • ウオーキングは続けられることが大切!無理はしない
  • ウオーキング仲間を増やしてお互いに幸せと健康になる
  • 無理なくウオーキングを続けるポイントは!
  • まとめ

ウオーキングは続けられることが大切!無理はしない

ウオーキングについて大切なことをお伝えします。

それはウオーキングは楽しみながら続けることがとても大切です。

特に生活習慣病の予防や改善など差し迫った目標がある場合は嫌々やりがちですが、それは良くありません。

続けるコツは無理をしないことです。

最初は5~10分の散歩の感覚から始めて、慣れてきたら少しづつ時間を延ばしていきましょう。

真夏の昼間や雨の日は休んでもかまいません。

また、ただウオーキングするだけではなく、何か楽しみがあればモチベーションが高まります。

たとえば写真が趣味なかたはカメラを持ちウオーキング、気に入った風景を撮影しながらウオーキングもよいかもしれません。

最近はウオーキング大会なども開催されているので参加して、コールの瞬間の達成感を味わえるので参加するのも良いでしょう。

ウオーキング仲間を増やしてお互いに幸せと健康になる

1人だけでウオーキングするだけでもセロトニンが分泌されますが、誰かと一緒だとオキシトシンという幸せホルモンが増加してそれがセロトニンの分泌をより高めることになります。

ウオーキング仲間を増やして会話をしながらウオーキングし、自分が幸せになるだけではなく、相手も幸せにすることができます。

お互いに幸せになり、健康になれることは最高ではありませんか。

仲間がいるとちょっとした競争心が湧いてきて止めにくくなります。

続けるという意味では仲間を見つけることをおすすめします。

ポイント

長く続ける秘訣は、ウオーキングの中に楽しみを見つけることです。誰かを一緒に行うことをおすすめします。

無理なくウオーキングを続けるポイントは!

ポイント1

体のどこかに痛みが出たら休む

痛みを我慢して続けると無理が出てきます。

無理にその部位をかばいながら間違ったウオーキングの歩き方になるので、迷わず休みましょう。

痛みが続く場合は医師に相談してください。

ポイント2

ウオーキングの歩き方が直るまで気長に待つ

長年の癖が体に染みついているので、正しいウオーキングが身に付くまでには長く時間がかかるケースが多いです。数週間から数か月かかる場合があるので根気強く修正して正しくウオーキングできるように意識してください。

そのうちに正しいウオーキングができるようになります。

そうすればウオーキングの効果が実感できるようになります。

ポイント3

ウオーキングと趣味を兼ねる

ウオーキングを自分の趣味を結びつけることが大切です。

途中に、心に響いた風景を撮影するのもよし、好きな映画やアニメーションの舞台などの場所をめぐるのも良いでしょう。

反対に、本能のおも向くままに無心でウオーキングするのもリフレッシュの時間になります。

また、歩き仲間を見つけるとウオーキングが更に楽しくなります。

まとめ

ウォーキングを続けるポイントのひとつに「仲間をつくること」が挙げられます。
それを実現できる方法の一つが、ウォーキングイベントへの参加です。
内容も場所も様々なイベントが行われていますので、参加してみてはいかがでしょうか。

イベントへの参加で仲間づくり

性別問わず、幅広い年齢層が実践していることから、ウォーキングに関するイベントは数多く開催されています。

地元の商店街主催の街歩き的なイベントから都内全域を舞台にした大規模なイベントまで、場所も規模も主催者も様々です。

まずはお住いの周辺で行なわれている小規模なイベントから参加してみてはいかがでしょう。
地元の意外な方とお知り合いになれるかもしれません。

また、パワースポット巡りや桜並木巡りなど、テーマを立てた企画イベントもありますので、趣味が合う人とも出会えるかもしれません。

コミュニケーションが苦手な方も安心

「コミュニケーションをとるのが苦手。」「人見知りだから。」という方にお勧めしたいのが、ガイド付きのツアー形式のイベントです。

例えば、「金融をテーマにゆかりのあるエリアをめぐるコース」というイベントでは、金融施設や史跡を巡り、金融にまつわるクイズを出題するなど、とても楽しい内容になっています。

話のネタはガイドさんが提供してくれますので、その話題を話せば苦手意識も克服できるはず。
コミュニケーション能力に自信が無い、初めての人と話すのが苦手と感じている方でも、自然と溶け込めそうなイベントがたくさんあります。

ウォーキング継続のコツは、仲間を持つことです。

仲間と声を掛け合い、励まし合ってウォーキングをするのも良いのではないでしょうか。