ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

早歩きを挟んでウオーキングすれば生活習慣病を改善!1日20分の早歩がベスト

早歩きを挟んでウオーキングすれば生活習慣病を改善って知りたくありませんか?

この記事では、早歩きを挟んでウオーキングすれば生活習慣病を改善することを解説しています。

1日トータル20分の早歩がベストであることを紹介します。

この記事の内容は次の通りです。

  • 緩急をつけたウオーキングは病気の予防効果がある
  • 「普通歩き」と「早歩き」を交互に行う
  • まとめ

緩急をつけたウオーキングは病気の予防効果がある


生活習慣病を予防するにはⅠ日に8000歩のウオーキングをすること、その内20分は早歩きのウオーキングを進めています。

早歩きのウオーキングのスピードは、一般的には1秒間に1メートル以上進む速さだと言われています。

個人差があるのっで「息が少し弾み、汗をかく程度」と理解してください。

ずっと早歩きしてウオーキングするのは、運動強度が高くなるのでおすすめはしません。

活性化酸素を増やしてしまい、かえって健康を損なう可能性があります。

20分続けて早歩きするよりも、普段のウオーキングの中で早歩きを取り入れて全体で20分を目指すほうが長続きします。

⓵普段歩くウオーキング

②体がほぐれてきたら1~5分程度早歩きのウオーキング

③普通歩くウオーキング

④息が落ち着いてきたら1~3分程度早歩きのウオーキング

この繰り返しを1日内に何回かに分けて行う方が良いです。

緩急をつけたウオーキングをすることによって、普段歩きのだけの時よりも、筋力や持久力が強化されます。

さらに、心肺機能が鍛えられるうえ、変化をつけられることから、長い間ウオーキングをしても飽きにくくなります。

最初から20分は厳しい人は、始めは5分から初めて良いと思います。

5分の早歩きのウオーキングは「うつ病」にも良いとされています。

それは、セロトニンが分泌されてホルモンバランを整えるためです。

ホルモンバランスが整うと、生活習慣病になりにくいので、ぜい「普段歩きウオーキング+早歩きウオーキング」を生活の中に取り入れてください。

ポイント

普段歩きウオーキングと早歩きウオーキングを交互に繰り返します。

早歩きは連続で行わすに1日のトータル時間で20分になるようにしょう!

同じスピードでウオーキングするよりも、合間に早歩きウオーキングを挟んだ方が生活習慣病以外にもさまざまな病気の予防に効果があります。

「普通歩き」と「早歩き」を交互に行う


運動というと、スポーツジムに通ったり、ウォーキングを行ったりする人も多いですが、長く続かず、効果を実感できないまま途中であきらめてしまうことも少なくありません。
そこでオススメなのが「緩急をつけたウオーキング」です。

この運動はどこでもできるので、高齢者でも「無理なく」、さらに「お金もかからず」「効率的に」実践することができます。

緩急をつけたウオーキングの最大の特徴は「普通歩き」と「早歩き」を交互に行うことです。体力をつけるために「早歩き」で「ややきつい」運動を行う必要があります。「ややきつい」の目安は全速力の6~7割程度、3分ほど早足で歩いたときに息が弾む程度のペースです。

ただし、「早歩き」だけを長時間行うと、息が切れたり、ひざが痛くなったりしてしまうことがあるため長続きしません。そこで、「早歩き」のあとに、「普通歩き」を挟んでリラックスすることが大切です。
「早歩き」3分間、「普通歩き」3分間、合計6分間を1セットとして1日5セット以上、これを週4日以上行うと効果的です。
「早歩き」が1週間で合計60分(10セット)になるよう、まとめて行っても問題ありません。

まとめ

緩急をつけたウオーキングを継続して行うと次のような効果が期待できます。
「筋力がついて体力がアップ!」
「見た目や意識が変わる!」
「生活習慣病の予防や改善」などです。

例えば、血圧にも効果があります。最高血圧が、ウォーキングのグループではおよそ3下がったのに対し、インターバル速歩のグループではおよそ9下がるといった報告もあります。
そのほか、高血糖、肥満といった効果も期待できます。