ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

短時間のウオーキングを一日に何回も行うちょこまかウオーキング!


短時間のウオーキングを一日に何回も行うちょこまかウオーキングって知りたくありませんか?

この記事では、短時間のウオーキングを一日に何回も行うちょこまかウオーキングついて解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • ウオーキングのための時間を作るにはハードルが高い
  • ちょこまかウオーキングのポイント
  • 短時間で運動効果が上がる歩き方
  • まとめ

ウオーキングのための時間を作るにはハードルが高い

ウオーキングを始めようとすると、疑問点がわいてきます。

  • 「いったい何時にウオーキングにすればいいのだろうか?」
  • 「週に何回くらいウオーキングすればいいのだろうか?」
  • 「毎日ウオーキングすればいいのだろうか?」

なかには、ウオーキングをする時間がないという人もいると思います。

しかし、あまり身構えると長続きしなくなります。

決められたコースを毎日ウオーキングすると言った特別なウオーキングを考える必要はないのです。

毎日の生活の中にウオーキングを取り入れて習慣化することが大切です。

少し前までは、1日1万歩、ウオーキングことが健康の秘訣と言われてきました。

現在はその常識が覆されています。

仕事や家事で忙しい皆さんが、一日何歩、何時間歩きましょうと言われても、ウオーキングをだけの時間を取ることが現実的には難しくそれなりの心構えが必要になります。

そのため、歩数や時間にこだわることはなく、自分の生活圏内で、ウオーキング時間がをできるだけ確保することが大切です。

5~10分間歩く、「ちょこまか歩き」であればちょっとした工夫でいくらでも確保することはできます。

一日どこでウオーキングができるかを考えながら、朝夕の通勤時間の利用や、マンションや駅のエレベーターを使うことを止めて階段を利用するなどちょこまかウオーキングを実践するようにしてください。

ポイント

ウオーキングの時間を確保しようとするとなかなか続かないのでちょこまか歩きを実践することが現実的です。

ちょこまかウオーキングのポイント


  1. 朝夕の通勤時に会社や自宅の最寄り駅ではなく1~2駅手前で降りてウオーキングをしましょう!
  1. 電車の乗り換えなどでは、あえてたくさんウオーキングができるルートを選択しましょう。
  1. エレベーターやエスカレーターを利用せずに階段を使用するようにしましょう。
  1. 昼休みの時に外食する時にはなるべく遠い場所を選びましょう。
  1. 雨の日は地下街をあるきましょう。
  1. 少し遠いスーパーを選ぶか、商店街などを利用していくつかの店を利用して食材を買うようにしましょう。

短時間で運動効果が上がる歩き方


いつもの春であれば外へ出て体を動かしたくなりますが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため外出自粛が続き、仕事はテレワーク、買い物も回数を減らすなど、外出する機会が大幅に減っています。

そうなると困るのが運動不足です。

屋外での適度な運動や散歩は自粛の対象外とはいえ、より感染リスクを減らすためにも、長時間の外出は控えたいところです。そこで、限られた短い時間でも運動効果が上がるウォーキング法を紹介します。

「意識して」歩くことが大切

短時間のウォーキングでも、まずはストレッチを十分に行う必要があります。

「ストレッチをすることで筋肉が柔らかくなり、けがの予防だけでなく、短時間でも運動効果を上げる準備ができるのです。

そして、実際に歩くときは、散歩のように『無意識』に歩くのではなく、『意識して』歩くことが大切です。

この意識が運動効果を確実に上げていきます」

短時間で効果が上がるインターバル速歩

どのようなウォーキング法が効果的なのでしょうか?

「短時間でも効果があるのが、早歩きとゆっくり歩きを交互に繰り返すインターバル速歩です。

早歩きは、自分の最速で歩いてみてそのスピードの70%、『ややきつい』と『きつい』の間ぐらいに感じるスピードが目安です。ゆっくり歩きは普段歩くスピードで結構です。

早歩きを5分したらゆっくり歩きを5分、これを繰り返します。

持久力が高まり、太ももの筋力も1割以上増加するといわれています」

ドローインを組み合わせて効果を上げる

そのほか腹式呼吸を意識した歩き方も効果的だと言います。

「ドローインしながらのウォーキングもオススメです。

ドローインとは、ひと言でいうとお腹をへこませたまま呼吸することで、へその周り全体を背中につけるイメージでへこませると良いでしょう。

この状態を15~30秒キープしながら息を鼻から吸って口から吐いてウォーキングをします。

ドローインとウォーキングを組み合わせると体幹が鍛えられます。

また、ドローインはいつでも誰でもできます。道具もいらないので、寝ている時やいすに座っている時でも気づいたときにやってみてください。まめに行うことで腹筋が鍛えられ、腰痛の防止にもつながります」

まとめ

ウォーキングで気を付ける点は

「まず姿勢です。背筋をまっすぐ伸ばして歩く際にはかかとの先端から着地するのではなく、膝に余裕を持たせて、着地する足底面積を増やす意識でかかと付近全体で着地するようにしましょう。

また、かかとを着地させるよりかかとを上げる方を意識してください。この意識を持つと、ふくらはぎが収縮し、血液の循環を促します。

加えて、普段つかっていない足の指を使うために、五本の指でしっかりと地面を捉える感覚で歩きましょう」

コロナウイルスの感染拡大には「三つの密」を避けて「stay home」が最も有効な対処であると指摘されています。

運動不足とストレスによる健康への二次被害を避けるためにも、僅かな時間でも歩行に意識を向けてみてはいかがでしょうか。