ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

ウオーキングの効果で生活習慣病の防止できることを知りたくありませんか?

このサイトでは、ウオーキングの効果で生活習慣病の防止する対策を解説しています。

生活習慣病が歩くだけで90%が改善することを紹介します。

この記事の内容は次の通りです。

ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

ウオーキングで生活習慣病を予防改善効果するコツとは

ウオーキングでどんどんほとんどの生活習慣病は改善効果があり!

生活習慣病の予防効果がる歩数とは!

まとめ

ウオーキングの効果で生活習慣病の防止!歩くだけで90%が改善

こんな悩みがありませんかは

薬の量を減らしたい!

認知症にならないか心配だ!

アンチエイジングの方法が見つからない

生活習慣病の数値が下がらない

なかなか痩せることができない

こんな悩みはウオーキングの効果で解決できます。

ウオーキングの効果で健康の第一歩を踏みだしましょう!

ウオーキングで生活習慣病を予防改善効果するコツとは

生活習慣病の方に共通することは毎日ほとんど歩いてないことです。

反対に、健康な方は毎日歩く習慣を付いています。

日本では、糖尿病、高血圧、脂質異常などの生活習慣病と言われる方は右肩上がりに増加しています。

これは、高齢化に伴う事ばかりではなく、世の中が便利になりすぎて歩かなくなったことが原因の一つと考えられます。

歩くことを習慣にすると間違いなく生活習慣病の予防や改善に繋がるのです。

なので、歩く=ウオーキングのメリットはたくさんあり、そして使う道具はウオーキングシューズだけなので手軽に始められる事がことができます。

そして薬の量を減らすことができるので医療費がかからなくなります。

ウオーキングで健康になるには少しコツがあります。

闇雲に歩けば良いわけではありません。

ウオーキングと生活習慣病の密接な関係を理解する必要があります。

そして誰にでもできるウオーキングの準備とその実践を解説します。

年代に関係なく生活習慣病の改善のためウオーキングを始めましょう!

ウオーキングでどんどんほとんどの生活習慣病は改善効果があり!

糖尿病および予備軍は2000万人、高血圧は4300万人、脂質異常症および予備軍は2000万人といわれています。

これらの生活習慣病は、重篤な合併症を引き起こさないためにも早い段階での対処が必要となってきます。

一番の有効な対策は歩くことです。

生活習慣病は薬に頼らずにウオーキングで改善

糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、日常の生活習慣が原因になっている場合がほとんどです。

生活習慣が原因なので薬に頼らなくても生活を改善すれば予防の進行を抑えることができます。

具体的に言うと、食生活、運動、睡眠の3つの生活習慣の改善です。

中でも運動、歩くことが非常に大切になります。

体を動かしていなければお腹も空きません。夜も眠くなりません。

いくらバランスのとれた食事をしてもカロリーを消費することができません。

栄養を過剰に摂取している可能性もあります。

そのためには、まずは取り組むべきは運動不足解消、歩くことなのです。

高血圧には明にウオーキングが効果あり

ウオーキングした後で血圧を測定すると明らかに血圧が低下することがわかってきています。なかには30㎜Hgも下がる人もいます。

またウオーキングを半年間継続して行うと、家庭での血圧が5~10㎜Hg下がったという研究結果もあります。

ウオーキングが血圧を下げる効果は明らかにあるようです。

ウオーキングがメタボの解消につながることは言うまでもありません。

肥満はあらゆる生活習慣の原因になりますが、歩いて健康的に体重を減少させることができれば、血圧、血糖値、コレステロール値も尿酸値もすべて改善されます。

生活習慣病対策で一番手軽にできるのはウオーキングなのです。

主な生活習慣病

糖尿病

高血糖と糖尿が慢性的に続く疾患。2型は中年に多く発症して、進行すると網膜症や腎症、神経障害などの重篤な合併症を引き起こします。

高血圧

収縮期(最高)血圧が140㎜Hg以上、または拡張期(最低)血圧が90㎜Hg以上の状態を言います。高血圧は心臓疾患や脳卒中の最大危険因子なのです。

脂質異常症

血液中の脂質の量(コレステロールと中性脂肪)が異常な状態で、以前は高脂血症と呼ばれていました。放置すると動脈硬化を進行させることになります。

生活習慣病予防効果がる歩数とは!

生活習慣病の予防効果と歩数をまとめました。

主な病気は歩くことにより予防効果が高まることが証明されています。

病気に予防効果のある歩数

予防や改善ができる可能性のある病気1日当たりの歩数早歩きの歩数
寝たきり2000歩0分
うつ病4000歩5分
痴呆、心疾患、脳卒中5000歩8分
動脈硬化、がん、骨粗鬆症7000歩15分
高血圧、糖尿病、脂質異常、メタボ(75歳以上)8000歩20分
高血糖9000歩25分
メタボ(75歳未満)10000歩30分
肥満12000歩40分

まとめ

歩くことを習慣にすると間違いなく生活習慣病の予防や改善になります。

ウオーキングのメリットは多くあります。

また、ウオーキング使う道具はウオーキングシューズだけなので手軽に始められる事がことができます。

あなたも生活習慣病の予防のためにウオーキングをはじめてはいかがでしょうか!

おすすめ動画